二重整形ならすっぴんにも自信【主治医と良く相談することが大切】

サイトメニュー

目の印象を一新できる

目元に触れる女性

状況で使い分けます

一重の目の方ではそれ自体がコンプレックスになってしまい、毎日アイプチが欠かせなくなっていて、赤くまぶたがはれ上がってしまい痛々しい外観になってしまうことも珍しくないとされています。一重でははれぼったい印象をもたれることもあり、見様によっては目つきが悪いなどといったあらぬ誤解をうけてしまうことも。このような目つきの問題を根本的に解決してくれるのが二重整形になります。美容整形の施術のなかでもこの手術のニーズが特に高くなっているのは確かです。その理由はどこにあるのでしょうか。それは手術方法が進歩し痛みや傷跡などのリスクが従前に比較すると、飛躍的に改善されているからです。また美容整形が身近になり費用負担もリーズナブルな額で抑えられる傾向が顕著になってきたことも、受けやすくなってきた原因の一つと言えます。一昔前までは二重整形は費用が高額であることが一般的だったので費用面での経済的負担がネックになり断念する方が少なからずいらっしゃいました。しかし今日ではリーズナブルな費用体形を採用している美容クリニックが増加していることもあり、手術に踏み切るハードルはかなり低くなっているといって間違いありません。手術方法にも色々な選択肢が用意されているので、美容クリニックの主治医と良く相談することが大切です。二重といっても色々な形があるので、デザインについても十分に話し合いを行うことで、施術後の毎日のメイクの手間を大幅に減らすことが可能になるでしょう。二重整形で見た目の印象を変化できることも人気の理由です。二重整形には大きく分けて切る方法と、切らない方法があります。つまりメスによる切開を伴うか否かの違いになりますが、それぞれの方法には特徴や適した状態があります。それぞれの方法のポイントを抑えておきましょう。埋没法は切らない手術代表的な方法になります。埋没法ではまぶたの数箇所を医療用の極細の糸で留めて二重にすると言う内容になります。メスのよる切開を加えないので10-15分程度で手術は終了します。万が一仕上がりに満足出来ない場合でも、再修正することが可能になっているので気軽に受けることが出来る方法です。この手術で成功する上で重要なことは、患者様ご自身がどのようなラインを希望しているのかを医師とカウンセリングを通じて伝えることで共通認識を有していることです。熟練した医師なら患者様のご要望を基に目にも無理の無く負担の少ないラインのデザインを期待できます。これに対して切開法は、まぶたや目頭・目じりなどにメスを加えて二重のラインを形作る方法になります。切開を加える場所にはいくつかのスタイルがあり、施術部位に応じて内容は異なってきます。代表的な「全切開」では目頭から目じりにかけて、脂肪やたるみをとることで二重のラインにします。この方法の特徴は確実に分かりやすい印象にすることが出来ることと、まぶたの余計な脂肪などを除去するので目も大きくすることが出来る点にあります。二重整形では埋没法だけでなく、場合によっては切開法の方が効果的な場合もあるのです。どちらを選択するかは、まぶたの状況やどのようなラインを希望するかに左右されます。

整形前に注意すべきこと

女医

自分が満足できる二重整形をするためには、口コミやホームページなどを見た上で、自分が良いと思える美容クリニックを探す必要があります。ネットで良いと感じたら、実際に足を運び、医師との相性や受付の雰囲気などを知った上で決めましょう。

詳しく見る

どのような結果を得るか

女性

二重整形を受ける際には、美容整形外科のドクターの技量などに関する評判やアフターフォローの良さなどを知る必要もあります。二重整形はとても進化しているので、高性能の糸を使用してメスを使用しない施術を行うことも可能となっています。

詳しく見る

色々な二重形成術

カウンセリング

顔はもちろん雰囲気をグッと変えられる整形といえばやはり二重整形です。二重ラインが継続する期間や作れるラインの度合いなどは施術方法によって異なるため、自分の予算や理想とする二重ラインなどから1番合う整形方法を決めましょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 二重整形ならすっぴんにも自信【主治医と良く相談することが大切】 All Rights Reserved.